WWOOF三浦海岸 53日目

53日目
11/24

晴れ

今日はハウスの中で育った苺の中で元気がないものや、枯れかけ、死にかけているものをいったん掘り起こし、元気のある苗と植え替える作業をしました。
全部が全部、健康に、大きく育つとは限りません。

苺ちゃんたちは病気になりやすく、結構デリケートなのです。
ここの農園で一番気を遣って手をかけて育てているのが苺と言えるでしょう。

無農薬で育てているので、一度どれかが病気になると、一気に広がる危険性があります。
特にうどん粉病には毎年悩まされているそうです。

うどん粉病とは、葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる症状。
一箇所から始まり、広がるとともに分生子を形成して離れた所にも感染するそうです。
社長の話によると、食べても人体に影響はないから大丈夫、ということでしたが、気になって調べてみると、うどん粉病は子嚢菌のウドンコカビ科の純活物寄生菌による植物病害の総称・・・ということはカビ!!??
カビと思うと恐ろしいような気がしますが、ほとんどの植物病害は人間に害はないそうです。

うどん粉病を見慣れない私にはちょと勇気がいりましたが、試しにうどん粉病の苺をぱくり。・・・甘いです。美味しいです。味にも全く問題ありません。

美しく並ぶ、「商品」としての野菜や果物を「当たり前」とする世界にいる私たち。
「色が美しくないから」、「大きさが小さいから」、「形が曲がっているから」・・・そんな理由で食べられるものを「ゴミ」と認識する私たちの意識こそ、変えなければならないと思います。


そして今日は、台湾人のニコちゃんの最終日。
この農園を出た後は、少し東京に滞在して、その後台湾へ帰るのだそうです。
会社で1年間休みを取って、ワーキングホリデーに来ている(それを会社が許可したことに驚きでしたが)ニコちゃんは、台湾へ戻ればきっと、バリバリのキャリアウーマンなのでしょう。
夜はニコちゃんのさよならパーティーをしました。
ニコちゃんありがとう。
あなたの笑顔にはいつも和ませてもらいました。料理も美味しかったです。
また台湾で会えるといいな☆

WWOOF三浦海岸 51、52日目

51日目
11/22



今日は休日。
しかし、次に働く予定の会社の打ち合わせがあるため、日帰りで渋谷へ。

三浦の良い所は交通の便が良くて、都内にも簡単にアクセスできること。
今までのWWOOF滞在先では、日帰りで都内へ行くことなんて考えられなかったもんね。

打ち合わせの結果、なんだかプロジェクトが危ない方向に・・・。このお仕事はなかったことになりそうな予感です。
12月に詳細報告が来るということですが、工事が当初の予定より1年近く遅れていて、かつ、お店のオープン日は変わらないという、ものすごく無謀な進行状況・・・。ずずーん。




52日目
11/23

くもり

今日は勤労感謝の日。祝日のため、団体客が来たりして、普段は静かなお店も、今日はそこそこの賑わい。

今までやっていた苺の横ににんにくを植える作業の残りを、台湾人のニコちゃんと&めぐみさんと午前中に終わらせ、午後はお店番。
お店に出す為の野菜を洗って、接客。
お客さんが引いて暇になってきたら、お花畑の草むしりをしました。
今は百合や菊、バラくらいしか咲いていないけれど、この時期に土をしっかり作っておけば、来年の春には綺麗なお花がたくさん咲くことでしょう。
春が待ち遠しいわ。

なんだか長閑な一日でした。