WWOOF三浦海岸 21 日目


10/15

曇りのち晴れ。


一週間滞在した、ヒロちゃん&マコちゃんが朝、いったん東京に帰りました。
また二人は来週の火曜日に帰ってくるらしく、それまでしばらくお別れです。

仕事は昨日と同じく、午前中に苺の苗取りと、午後に大根の土寄せをしました。

夕方になると、アメリカ、ニューヨークから新しくフランシスというWWOOFerが来たとの連絡が入り、車で三浦海岸駅まで迎えに行きました。
身長190�、体重100キロ以上ある、体格の良い黒人です。
迫力あります。
しかし、より英語をしゃべる練習が、彼と共にできるといいなぁと、ちょっと期待です。

WWOOF三浦海岸 20 日目

画像

10/14

晴れ。


今日は午前中に、いつもの苺の苗取りと、午後には大根の土寄せを行いました。
大根の土寄せも、一つ一つ手作業なので、これまた時間がかかります。
もっと効率の良い方法がないものか、社長のやり方を見よう見まねで取り入れながら、自分がやりやすい方法を模索中。
日陰のない炎天下の中行うので、秋だけど汗だらけです。


夜はやっちゃんが得意と自負する担々麺を作ってくれました!
自分で得意と言うだけあって、かなり美味しかったです。
一瓶500円以上もする「ごまペースト」がこんなに美味しいものだったなんて!
目から鱗。
みんなで美味しくいただきました。
やっちゃん、ありがとう!!

画像

WWOOF三浦海岸 19 日目

画像

10/13

晴れ。


相変わらず苺の苗取りでした。
早い苗はもう、苺ができています!感動!!

そろそろ同じ作業にも飽きてきたけれど、そこはipodで音楽を聞きながら作業をして、何とかノリノリ状態をキープ!
一人で同じ作業を延々と続けるには、音楽が無いと難しいです。飽きます。
南伊豆で出会ったWWOOFerミユキちゃんが、「毎日草取りで飽きるー!音楽が無いとね。」と言っていたことを身を持って実感しています。
単純作業はテンポが命!よね。


今日の夕飯は、ニコちゃんが作ったボロネーゼ&マコちゃんが作った水菜のサラダで豪華でした。
両方とも、美味しかったー!ニコちゃん、マコちゃん、ありがとう!!
料理する男はやっぱりかっこいい!と思うSaeccoです。

画像
画像
画像
画像

WWOOF三浦海岸 18 日目

画像

10/12

晴れ。


今日も苺の苗取りと作付け作業でした。

こちらの農園の野菜の成長過程は以下のとおりです。


■種:農薬や着色剤を取り除くため、種処理原液という液体に30分間つける→乾燥

■発芽:πウォーターという、生体水をたっぷり吸わせる

■定植:根が「最初に出会う土が良い土」であれば収穫まで元気で健康な根に育つ

■成育:作物を活性化させるためのπウォーターや、核酸(DNA)を散布する(通常の農家は化学肥料や水道水を使用)害虫対策として、とうがらしエキス、ヨモギエキス、ニンニクエキス、各種漢方薬、酢、焼酎を散布
交配はミツバチに任せる
■収穫


ここで使う゛πウォーター゛なるものが私にとって、全く謎だらけの水です。
この水がEM農法と関係があると思うのですが…。もう少しいろいろ調べる必要がありそうです。

今日は夕日がとってもきれいでした。
フラワーガーデンでは、百合やコスモスが満開です。

画像
画像

WWOOF三浦海岸 17 日目


10/11

晴れ。
秋とは思えないくらい暑い…。
今日は休日。

大学の仲間と都内でBBQをする予定があったので、私と同じく月曜日が休日のニコちゃんを連れ、片道2時間かけてBBQパーティーに行きました。

やはり三浦は立地がすごく良いです。バスも沢山出ているし、電車に乗れば都会へすぐに出ることができるし、観光地の逗子・葉山・鎌倉あたりも近いし、本当に便利です。

久々に大学の友達と会えて、ニコちゃんにも楽しんでもらえたようで、よかったです。

WWOOF三浦海岸 16 日目

画像

10/10

雨降ったりやんだり、曇ったり。


今日は一日だけ、飛び入りWWOOFerのアミちゃんが加わり、変な天気の中だけれど大勢で楽しくワイワイ仕事ができました。
アミちゃんは今年の夏にこちらの農園でWWOOFをしていたことがあり、そのときの様子など、いろいろ教えてくれました。
ヒロちゃんとアミちゃんの話によると、日本人WWOOFerが多いときとと、外国人WWOOFerが多いときでは全然仕事の効率が違うんだそうです。
日本人が集まった方が2倍くらい早く仕事が進むんだとか。
コミュニケーションの取り方によって仕事の効率に違いが出るような気がしますが…、いずれにしても日本人には働きアリが多いようです。

夜は自分たちが食べる分の枝豆の収穫をしました!
こちらで穫れる枝豆は味がしっかりしていて本当においしいです。
茹でずに生で食べても甘いです。
この枝豆を使って大豆を作ったりもしているそうです。鴨川でWWOOFをしていたときに醤油の作り方は見たけれど…大豆ってどうやって作るのかしら??まだまだ知らないことがいっぱい。興味深いことがいっぱいです。

WWOOF三浦海岸 15 日目


10/09

雨。
午前中に、タイから来たWWOOFer、ダオとサシィとお別れ。
4日間という短い期間だったけれど、本当に楽しく一緒に仕事をすることができました。
夕飯の料理や皿洗いも、二人が来てくれたおかげで大助かりだったし!
ありがとうございました!


今日も仕事内容は、一日苺の苗取りでした。
雨の日でも、仕事はハウスの中なので、関係なく仕事ができます。
雨の音をバックミュージックに仕事をするのも、なかなか良いです。

帰りにネギを何本か収穫したので、それを使って夕飯にチヂミを作りました★

WWOOF三浦海岸 14 日目

画像

10/08

晴れ。
また今日も、ちょっと暑いです。朝夜と昼の気温差が激しいです。


相変わらず、根気強く苺の定植です。
もう、苺の花が咲いてしまっている苗を50個に1個くらいの割合で発見しているような気がします。
まだ赤くはなっていませんが、ごくたまに、実を付けている苗を発見することもあります。まだ土に植えていないのに、しかも秋のこの時期に実を付けてしまうのはどうもよくありません…が、苺は苺に変わりなし。
今実ってしまった苺と、冬に収穫できる苺と、同じ種類でも収穫時期によって味が違うのか、検証してみたいところです。


夜はまた、新たなWWOOFer到着!日本人カップルのヒロさんとマコちゃん。
夏にここでお互いWWOOFをして知り合ってから、意気投合したのか、それからずっと二人で一緒にWWOOFをしているという、姉さん年上の年の差10歳カップルです。
ここに到着する前は北海道でWWOOFをしていて、ここには一週間滞在、一度東京に戻ってから小豆島か四国のあたりに行きたいそうです。
一回も喧嘩せずに一緒に旅して来れてるというから素晴らしい!なんだかほのぼのとしたカップルです。

そんなわけで、今夜は大家族!
日本人のやっちゃん、ヒロさん、マコちゃん、私、フランス人のニコラス、タイ人のダオとサシィ…7名+ホストさんの計8名!
今日はタイ人の二人の最終日ということもあり、お酒も交えて大晩餐会となりました。
タイ料理の、かぼちゃと卵を一緒に炒めた料理も作ってもらい、おばあちゃんの差し入れのカレーも頂き、私は収穫した野菜のベジ・コンソメスープを作り、美味しい楽しい、笑いの絶えない一日の終わりとなりました。

WWOOF三浦海岸 13 日目

画像

10/07

曇り。強風。
昨日までまだまだ夏のようだったのに、いきなり今日、涼しい秋の風になりました。

今日は高校生が2人、委託授業で来ています。一人はホストさんの母校の農業高校から、もう一人は養護学校から。

養護学校から来ている男の子は、どこに障害があるのかわからないくらい、普通にコミュニケーションが取れて仕事ができます。
家では脳梗塞で倒れたお母さんを助けるため、中学生の頃からお父さんと協力して、料理や洗濯などの家事をこなしながら学校に通っているそうで、思いやりもあり、本当に素晴らしい子です。

そんな彼が養護学校に通っている理由は、いわゆる「お勉強」ができないためだそうです。
脳の障害のせいで、数字のことがよくわからず、現在高校生ですが、学校で習う「お勉強」の内容は、小学生レベルなんだそうです。
しかし、それ以外のことは何ら問題なく、自立しています。つき合っている彼女もいるそうで、嬉しそうに写真も見せてくれました。

彼の話によると、養護学校に通っている生徒でもかなり差があって、彼のように自立して何も問題なく人とコミュニケーションが取れる子もいれば、先生がつきっきりでないと行動できない子もいるそうで、一人一人できることが全然違うのだそうです。

この男の子と一緒に仕事をしたり、話をしたりすることで、また新たな視点でものを見ることができるようになりました。

こちらの農園には入れ替わり立ち替わり、国も年齢も育った環境も様々な、いろいろな人と出会える機会があって本当に面白いです。
まだ働いて2週間くらいですが、すでに20名くらいの面白い人たちとの出会いがありました。
まだまだこれからも広がりそうで楽しみです。

全ての出会いに感謝☆


写真は…

1・フラワーガーデンから見える景色!

2・今日採れた、でっかいさつまいも。一個2kg!

3・夕飯に、やっちゃんが作ってくれたパスタ!(農園で採れたピーマン&パプリカ入り)


※パプリカって最初は全部緑色で、収穫してから時間が経つと赤や黄色に変わるらしいです。…全然知らなかった!

画像
画像

WWOOF三浦海岸 12 日目


10/06

晴れ。


今日も苺の定植です。
苺の定植時期は9月の後半~10月の前半なので、何とか今週中には終わらせたいところ。
ちょっとお急ぎモードです。


今年は春が寒く、夏は猛暑続きという変な気候のせいか、農作物に影響が出ています。
苺はもう、苗の状態から花が咲き始めているものがいくつかありました。
苗の状態から花が咲いてしまうと、栄養分が偏るせいか、その苗からは苺が1~3個くらいしか収穫できないそうです。
…なので、早咲きの苗はボツ。

そして、苺は近年病気が蔓延しているらしく、かなり手をかけて過保護に育ててあげている印象があります。
毎日の水やりも、一つ一つまんべんなく丁寧にあげていかないと、すぐにしおれたり、カラカラに乾燥して枯れたり、病気になったりします。
農薬を使わずに全て手作業で行うのは、大量生産の場合、時間も人手もかかるので本当に大変です。

こちらの農園の繁忙期は苺狩りシーズンの冬。
多いときは一日に300名くらいのお客様が来るそうで、例えば一人30個の苺を食べたとして単純に計算すると、300名×30個×30日=270,000個!?
ものすごい数の苺が必要なことがわかります。
どおりで、ここに滞在してから毎日苺のお世話をしているわけだわ★
収穫時期が楽しみです。

WWOOF三浦海岸 11 日目

画像

10/05

晴れ。もう10月だというのに夏のような暑さです!
作業は半袖。
ビニールハウスの中では汗がしたたり落ちてきます。


昨日の夜、以前こちらでWWOOFをしていたフランス人WWOOFer、ニコラスが戻ってきました。今回は長期で冬くらいまで滞在するそうです。
私は勝手に「ニコちゃん」とあだ名をつけて呼んでいます。

今日の作業も、変わらず苺、べにほっぺの定植です。

11時くらいにタイから、ダオちゃん&サシィちゃんという、女の子2人が来ました!
ここにWWOOFに来て11日目にして、初めて女の子のWWOOFerに会いました。嬉しい~!やっと女の子!!
2人とも、かわいいです。
やっちゃん(ボラバイトで来ている日本人の男の子)とニコちゃんも、タイの女の子たちにかなり期待していたらしく、仕事中、終始そわそわしていました。

夜は女性チームで日本のカレーを作り、みんなで美味しく食べました!
女の子が多いと仕事が早く進むから、本当に楽です。ありがたい!
途中からホストさんも夕食に参加し、お寿司の差し入れとお酒も入り、ニコちゃんが東京ゲームショーや、東京ドームのコスプレ祭りに行ってきた写真や動画を見せてくれ、そのフランス人オタクぶりを発揮して盛り上がり、お腹いっぱい、楽しさいっぱい。
今日も幸せな一日でした。




ところで、外国人の子の名前を覚えるのはどうも苦手な私。
なかなか覚えられないので、似たような発音の言葉と関連付けて名前を覚えています。
例えば以前台湾から来ていたWWOOFer、「ジョンピン」は、「jamping」(飛び跳ねる)と覚え、今回タイから来た「ダオ」と「サシィ」は、北斗の拳を思い浮かべ、「ダオウとサシィで勝負!」(ラオウと一対一で勝負!)…と覚えています。
なんて酷い覚え方なんだ…!

余談でした。

画像
画像
画像

WWOOF三浦海岸 10 日目

画像

10/04
曇り。


今日は休日。
これからまた新たに何人かWWOOFerが来るということで、その人たちのために全部屋大掃除を開始!
部屋数×8+キッチン+風呂+トイレ×2
シーツ&枕カバーを洗い、布団を干しました。
ここで大活躍したのが、夏の間に住み込みバイトをした際、毎日各コテージのお掃除をしていた経験!
何をどうして、どのような順でどのように掃除すれば効率良く、早くできるか大体予想がつき、掃除ができたので、あっと言う間に片付きました。
達成感、最高!笑。
最近毎日WWOOFerの夕飯も作ってるし、私、主婦になれるかも…☆
私を訓練してくれた、住み込み先に大感謝◎

そして夕方はものすごくキレイな夕日を見ることができました。
充実した休日でした◎

画像

WWOOF三浦海岸 9日目


10/03
晴れ。


今日も昨日に続き、“べにほっぺ”の作付け作業。

その後、またまた昨日の続きの大根の間引き。

そしてその後、別の畑にに移動し、大根の種をまいた所に雨除けのネットをかぶせる作業をしました。
ネットと言っても、白いオーガンジーのような質感の布なのですが…。
U字のワイヤーをネットと土に刺して、ネットを地面に固定していきます。
簡単に説明すると、畑全ての面積を布で覆う作業です。
畑の面積は本当に広いので、ここ全てを布で覆うのは、なかなか至難の業。なんだか、芸術家、クリストの作品を彷彿とさせます。

布の幅や長さが合わなくて、切ったり継ぎ接ぎしたり…3人でやって、3時間半くらい時間がかかったと思います。


ちなみにこの大根畑、どうも地形が棚田に似ているなぁと思い、聞いてみたところ、ビンゴでした!
昔は棚田でお米を作っていたらしいのですが、何の影響か、どんどん畑に変わっていったらしいです。
昔棚田だっただけあって、本当に素晴らしい眺めです。180度くらい青い海を見渡し、360度青い空の下で農作業。こんなに気持ち良く、贅沢なことはないと思います。
そんなことを考えていた私に、ホストが一言。

「君は海風が強い日を知らないからそんなことが言えるんだよ」
…と。
台風シーズンになると、ビニルハウスが吹っ飛んでしまうんだとか。

WWOOF三浦海岸 8日目


10/02
晴れ。

今日は月に一度の「野菜教室」の日だそうで、農園はそこそこ混み合っています。
「野菜教室」とは、都会から来る人に一定の農地を貸し出しして、一緒に野菜を作りましょう、という企画だそうです。
この手の企画は最近の流行りですね。
収入が少ない農家が稼ぐ、良い方法だと思います。

しかし残念ながらWWOOFの私達は野菜教室に参加することはできず、またひたすら苺との戦いです。
“あすかルビー”の作付けが昨日ほぼ終わったので、今日から“べにほっぺ”の作付けに入ります。
作業自体はあすかルビーのときと変わりません。
野菜や果物の大量生産は、ひたすら同じ作業を繰り返さなければならないので、結構大変です。
1日同じことを続けると、人間飽きますね…。飽きとの戦いです。
繁忙期は1日300人くらいのお客様が苺狩りに来るのだそうで、おそらく苺がこの農園で一番の稼ぎ頭でしょう。
定植の仕方はランナーの向きなど細かいところまで指示があり、苺にかけるこだわりや情熱が伝わってきます。

その後、苺をいったん休憩し、大根の間引きをしました。
幾つかある株の中から一番大きくなった健康そうな株だけを残して、残りを引き抜きます。
間引いた大根の葉は、ゴミ…ではなく、ちゃんとスタッフが持ち帰って食べたり、お客様に買い物袋に摘め放題で100円でお譲りしたりしています。
もったいないからね。
私もWWOOFerキッチンに持ち帰って、ごま油で炒めたり、お味噌汁に入れていただきました。

WWOOF三浦海岸 7日目


10/01
晴れ。


今日は午前中だけ、ご近所からボランティアの方が一名参加してくださり、今日帰ってしまうフランクの分、活躍していただけるようです。
人手が足りなければこうして近所からすぐにボランティアの方が駆けつけてくれることが、私には驚きでした。
素晴らしい!

フランクは当初、長期でWWOOF滞在する予定でしたが、「休憩時間中は英語を話さずできるだけ日本語を話しましょう」と言われてしまったり、スタッフは誰も英語をしゃべることができないので、コミュニケーションがうまく取れなくてもどかしさを感じるところもあったようで…、私ももし、フランクの立場だったらつらいだろうなぁと思います。
あとはWWOOFとしてボランティアで働く代わりに、フランクが求めていたそれ相応の知識が得られなかったことも原因の一つでしょう。
「~してください。何故なら~だからです。最終的に~することが目的です。」など、仕事の一連の流れやその理由を説明してもらわなければ労働者側は納得しづらいし、わけもわからずただ作業しているだけではその作業の重要さがわからず、作業自体も適当になったり効率が悪くなったりするものです。
特にアメリカ人は“the reason why”を求める傾向が強いように感じます。
こちらでのお仕事は、作業内容は説明していただけますが、理由や目的を説明してくれることはあまりありません。気付いたことは自分からどんどん質問していかないとね!

今日も苺、「あすかルビー」の剪定→カゴ詰め→海藻成分が入った水に浸ける→定植
という作業を延々と繰り返していました。

早く美味しい苺が食べたい…☆

WWOOF三浦海岸 6日目

画像

9/30
一日雨。


今日の作業も、昨日の作業の続きです。

苺の作付けに最適な時期は、9月下旬~10月上旬なんだそうで、今、まさに今!苺の作付けを終わらせなければいけません。
時期は早すぎても遅くなってもいけないんだそうです。
今植えている苺は、“あすかルビー”という品種です。

苺の苗の剪定のポイントは、以下の通り。

■枯れ葉や黄色くなった葉っぱ、病気になった葉っぱは取り除くが、最低4枝残すようにする

■苗が小さかったり葉の形が変形しているものは不可

■苗中央の「クラウン」が大きくて元気なものが良い苗


フランクがWWOOFを終了して出て行くので、住み込みは日本人男性2人と、私の3人だけになります。
今まで5人で、急に2人減るので、なんだかちょっと寂しいです。
英語もしゃべれないし…★

WWOOFの仕事はいつも午前中で終わるので、暇にかまけて100均で買った麻と、私が着古した洋服を使ってバスマットを作ってみました。(写真参照)。足に気持ちの良いマットができました!

WWOOF三浦海岸 5日目

画像

9/29
秋晴れ。
すごく気持ちの良い天気でした。


今日は、昨日の作業の続き。

1・苺の苗の枯れ葉&ランナーの剪定をする

2・剪定が終わった苗を、海藻成分が入った特殊な水に一度浸ける(根張りが良くなる効果があるそうです)

3・耕した土に等間隔に植える

…このような流れです。
一つ一つが手作業なので、少し手間がかかります。
ハウスの中は暑いし日焼けするし、同じ姿勢で長時間同じ様な作業を繰り返すので、地道な作業です。

今日はお休みのスタッフが多く、人手が足りなかったので、作業の2時間延長をお願いされました。
WWOOFの規定では、1日あたりの労働時間は6時間以内と決められていますが、今日は特別に7時間労働!
でも学ぶこともあったので、良しです。

夕飯は、アメリカ人シェフのフランクに習いながら一緒に、ブリスケッタ(日本語で何と言う料理なのか、知りません)と、チーズリゾットを作りました。
ブリスケッタは、カリッとトーストしたフランスパンに、[刻んだトマト&タマネギ+スィートバジル+黒胡椒+酢+オリーブオイル]を乗せて食べる料理でした。
トマト好きの私にはたまらない料理です。
リゾットも、少しオリーブオイルが多かったけれど、全て美味しくいただきました。
感謝。

画像
画像
画像
画像
画像

WWOOF三浦海岸 3、4日目

画像

3日目の昨日


朝から大雨。
私と台湾人のWWOOFer、陳ジョンピンがお休みをいただきました。
午後から小雨になってきたので、バスを使って二人で三浦海岸駅まで行き、ご飯を食べたりお茶をしたりしました。
ここは立地がすごく良いです。海まで徒歩5分、駅までバスで10分くらいでバスの本数も多く、三浦海岸駅から横浜駅まで電車で50分くらいです。
車がなくてもWWOOFerたちは自由に行動することができます。


今日も午前中は大雨。
竜巻警報まで出ていました。
そんな中ではありましたが、ハウス栽培の苺の葉の剪定作業を行いました。
ハウスがあれば、雨の日でも農作業ができるから良いですね。

育ってきた苺の苗の枝を最低4本残し、枯れてきた葉っぱや病気になった葉っぱと、伸びてきたランナーを手でちぎって取り除きます。
一つ一つ手作業なので、結構時間が掛かります。


明日、は台湾人のジョンピンが帰るので、今夜はパーティーの予定です☆

画像

WWOOF三浦海岸 2日目

画像

曇り。

早速待ちに待った農作業です!

こちらの農園の一日の主なタイムスケジュールは、以下の通り。

6時/起床。
7時/労働開始
10時/休憩
12時半/WWOOFer労働終了13時/昼食
17時/ボラバイトスタッフ労働終了

時間はきっちりしているし、WWOOFの仕事は午前中で終わるので、とても働きやすいです。

私以外の住み込みメンバーは、日本人2名(31歳、26歳。ボラバイト)、台湾人1名(25歳。WWOOFer)、アメリカ人1名(26歳。WWOOFer)。
そしてスタッフが、日本人3名+社長…全員男性です。
紅一点、逆ハーレムで農作業となりました!


今日は間引きした大根畑の雑草取りと土の寄せ上げを、ひたすら行いました。
土の寄せ上げは、大根が風で倒れたりしないようにするためだそうです。

こちらのホストさんは畑を幾つか借りているらしく、農地があちこちに点在しています。
観光客向けの農園は、フルオーガニックで、(一切農薬を使わずに)花や野菜やバジルを育てています。
観光客向けでない他の畑は、ハンバーグレストランやコープ東京(生協)へ出荷する野菜を作っているんだそうです。
私たちが今日、作業したのは出荷用。「この子たちがお店に並ぶのね~」と思いながら作業をしていました。


朝ご飯と夕飯は基本的にWWOOFer同士で自炊です。
アメリカ人WWOOFerのフランクくんは、ニュージャージー州にある、オーガニック野菜を使ったレストランのシェフ(!)なんだそうで、積極的に料理をしてくれて、彼から学ぶことも数多く、料理の時間も楽しくやっています。
また、私たちが居候している家の近くで働いているメキシコ人の男の子がたまに遊びに来たりして、英語と日本語とスペイン語が飛び交って…頭フル回転。
台湾人のチンさんは徴兵後、自衛隊で働いていたそうで、背が高くてひょろっとしているけれど、さすが自衛隊。筋肉付けるところは付いていて、なかなかハンサムです。
英語はしゃべらないけど、日本語が上手。一年足らずで習得したと言うから驚きです。

そして、以前にWWOOFで滞在していたフランス人の男の子が今後帰ってくるそうで…国際色豊かで面白いです。
英語をしゃべる機会が増えるので、嬉しい限りです。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

WWOOF三浦海岸 1日目

画像


都会だ!!さすが神奈川県!!!
三浦海岸駅に着いた瞬間、真っ先に思ったこと。

田舎か都会かは、駅周辺の様子を見れば大体わかるけれど、違いがはっきりしているのは、バスの時刻表。
三浦海岸駅から出ている京急バスは3種類。1時間に2~3本出ていて、朝は6時から、夜は23時近くまで出ています。
そして京急バスはsuicaもpasmoも使える!バス代は一番高くても片道320円!素晴らしい!!
南伊豆のバス代が、片道余裕で1000円越えていたから、なんだか感動的な値段に感じてしまう…。

駅から歩いて海がすぐ!

海辺の坂を少し登ると、何軒か見える高層マンションと住宅街の谷間に、だだっ広い畑があったり、ビニールハウスがたくさん並んでいたりします。
都会と田舎をペットボトルに入れ、思い切り振って混ぜたような面白い街並みに、目が釘付け。

なんだかまた、楽しいことが起こりそうな予感です。



ここからは余談ですが、
三浦海岸駅に着くまで、京急線の途中で、「YRP野比」という聞き慣れない、おかしな名前の駅があり、「YRP」を「wired bee」(=神経質な蜂!?Σ( ̄□ ̄)!)と思い込んだ私…。
TOEICテスト、650点到達まで、まだちょっと距離がありそうです(´_ゝ`)

画像